お問い合わせサイトマップ
高知県後期高齢者医療広域連合背景色を反転する
文字サイズを大きくする元に戻す
HOME > 限度額適用・標準負担額減額認定証
サイト内検索

後期高齢者医療
制度の概要
被保険者証
保険料
給付
保健事業(健診等)
関係法令
各種申請様式

広域連合
広域連合の概要
広域連合議会
規約・例規集
告示・公告
事務所のご案内
リンク集
プライバシーポリシー
後期高齢者医療
給付

限度額適用・標準負担額減額認定証
事業課・給付管理 : 2022/04/01



 住民税非課税世帯の方は、入院または高額な外来診療を受ける
際に、申請により交付された「限度額適用・標準負担額減額認定
証」を医療機関や薬局等へ提示またはオンラインによる資格確認
を受けることにより
、窓口での医療費の自己負担や入院時の食事
代が減額されます。
 限度額適用・標準負担額減額認定証が必要な方は、お住まい
の市町村の担当窓口へ申請してください。

◎対象となる方
 住民税非課税世帯の方(区分気泙燭篭菠兇乏催する方)
◎証の有効期日の開始日
 申請した月の初日
◎申請に必要なもの
 被保険者証


区分兇諒で長期入院の方は、申請により食事代がさらに減額されます(下記を参照してください)。

◎長期入院の対象となる方(あらためて申請が必要です)
区分兇諒で、区分兇稜定を受けている期間の入院の日数が、
長期入院該当の申請月を含む過去12ヶ月で90日を超えている方
※ただし、入院している病棟が療養病棟(主に長期にわたり療養
 が必要な方が入院する病棟)の場合、差額支給の対象とならな
 いことがあります。
◎長期入院該当の適用開始日
 長期入院該当の申請をした日(医療機関での適用は翌月1日)
◎長期入院該当の申請に必要なもの
・「限度額適用・標準負担額減額認定証」(交付をうけている
 方のみ)
・長期入院該当となる入院期間を証明する書類


※後期高齢者医療制度に加入する前の入院日数も算定します。
 なお、90日を超えていても長期入院該当の申請により認定を
 受けていない場合、食事代は減額となりません。
 適用には条件がありますので、詳しくはお住まいの市町村窓
 口へお問い合わせください。



お問い合わせ
高知県後期高齢者医療広域連合
〒780-0850 高知県高知市丸ノ内2丁目4番1号 高知県保健衛生総合庁舎1階
Tel:088-821-4525(代表)  Fax:088-821-4518

Copyright (C) 2008 高知県後期高齢者医療広域連合 All rights reserved.